ホットバイクジャパン101号!

hidemo designer wakakoです。
新しいホットバイクジャパンの見本紙が届きました。ヒデモには広告営業も含んだバイク雑誌の見本紙がよく届きます…が、私は個人的にここ最近のホットバイクがイチバン好きだし面白いです。
とくに100号目からは写真(構図やレンズやエフェクトもパワーアップしてるかも?)、エディトリアル(使用フォントやデザイン素材のバリエーション)もパワーアップし来ているような…。 ロケ地もアメリカや日本各地で視野が広がるし、関東近郊だけペラっとロケしてるのとは訳が違う! ような気がします。
編集部も都心に引越したみたい、もうカンナナじゃないんですよ、こりゃー栄転ですね★

080327hb00

いつもホットバイクの見本紙が届くとすぐ、ヒデモ全面協力体勢の野上さんの連載「ハーレーに乗ってあの山へ」をイチバンに読んでテンション↑、 次にそこから2~3ページぺらぺらめくってボヘミアンの連載を読んでニヤリとします。(←この場面では私とHIDEで一冊の本を奪い合うように読んでます)
そして特集のページを見出す、という流れなのですが今回は…。

080327hb01

何と私の仕事である”CHOP PARTY”という映像作品のレビュー↑が掲載されているんです! なので野上さんをすっ飛ばしてココから見ました(←もちろん天才奇才野上さんの連載もチョー面白いデスよっっ)
カメラと映像デザインと編集や構成と…等を主に担当…要は制作部分全部? 自分史上で初となるDTV制作&映像監督作品です。
内容については完成してから詳しく触れますが、実は昨年までDTVの経験というのは”趣味で息子の運動会とかのDVD”をチマチマ編集してただけだったんです(←よくある光景です)
それを見たHIDEが年末にモッドチョッパーの映像作品を依頼して来て、で、それを見た(今回の販売元である)MEDALLIONがチョッパーの映像作品を依頼して来たという経緯…大抜擢です★
ヒデモーターサイクル器用貧乏クリエイティブ部門(金勘定を除く何でも屋)としては看板背負ってるからにはヘンな作品はNG…ですもの、データ入稿まで残りわずか、頑張っております!
そしてコチラの購入については販売元のMEDALLION web-siteまでお気軽にお問い合せくださいませ。