Go with MOON まとめ

約3か月と長々と製作ブログをやってきましたが

いよいよ年末のビックイベント「ホットロッドショー2018」が

12/2日曜日に開催されます。

ペイントも仕上がりちょー特急で組上げて最後の作り物仕上げて

ショー会場に向かいます。

今日は、3か月の製作過程をまとめました。

過去のブログを見なくてもわかる製作過程をどーぞ。

今年の1月にフレームだけ製作して盆明けぐらいから

本格的にカスタムスタートした状態。はっきりいって

この時点ではノープラン。

いつもの流れで最初はガソリンタンク、アルミで製作。

RフェンダーはFX用のフロントフェンダーをモディファイ

究極の張りぼて

もー忘れたけどたぶんこの時期はそーとー苦しんでたと・・

シートベースもアルミで製作。

張りぼてがこうなるとは、自分でもびっくり

オイルタンク。

小ぶりな車体・外装に合わせて考えた結果、角を落として

一回り小さく見せる方法がうまくいった。シンプルだけど

グッとくるデザイン賞です。

シンプルで小ぶりなヘッドライトをさらりとつけたほうが

よっぽどかっこいいけど、面白みがなく

何度も何度もこれでいいのかと自問自答を繰り返しながら

手を動かし続けたヘッドライトナセル。

今となっては、いい面構えだと思います。

もーフレームをメッキに出さなきゃ間に合わないよー、な時期。

最後の大きな作り物マフラー。どうしてもこのデザインにしたかったので

足を逃がすのにきわきわタイトに詰め詰め。

無事に外注屋さんにいろいろお願いしてる間は

エンジン磨いたり、ホイール組んだり

後輩のしこーくんが一生懸命手磨きしてくれた外装類

ベスト手バフピックがあれば1等賞になれるレベルです。

アトリエチェリーさんの手縫いシート

もーね、ほんとうっとり。

メッキ屋さんからの帰還。

ニッケルメッキのフレームって素敵すぎます。

エンジン載せて、足回り組んで、ワイヤー類付けてなどなど・・

戻ってきたパーツを組み込む時間は至福の時。

命が吹き込まれていく感じ。

ぞくぞくするし、わくわくするし。

エンジンが掛かった瞬間なんか、いつでも少年に戻れる。

搬入日前日の金曜日、ペイントから戻ってきた外装たち。

SKOPくん、毎年毎年ほんとありがとう、今年も最高の出来です。

ショー前の最後の作業は戻ってきた外装の組立とちょろりと作り物。

走らせるにはまだいろいろと詰めなきゃだめだけど、

皆さまに見て頂くところまでは、ばっちり完成です。

ほんとはね、いま見せたいんですよ、ほんとに。

でも、是非ショー会場で見てほしいので今日はここまで。

皆さま、12/2日曜日はヒデモブースでお会いしましょう。