ザ・妄想移設!

3連休が明けたばかりの今日は、なんだか憂鬱ってな人が多いのではないでしょうか?
そんな時はカスタムの妄想をしましょう。

妄想大好き!!どうもみつぐです。

20090113_01
昨日ブログで取り上げていた、「ハンドル周りすっきりパック」を施したスポーツスターです。

ハンドル周りの全体像はこんな感じです。
すっきりでしょ?

20090113_02

ハンドル以外での気になるポイントとして、かなり上位に入るのではないでしょうか?そう、コイルですね。
写真には写っていませんが、キーシリンダーと共に、タンクとエンジンの隙間にいらっしゃいます。

「横から見たときにあの辺りがすっきりしてたらなぁ」と、夜な夜な妄想されている方の姿が目に浮かびます。
この「無いと困るけど、そこに居られるのはちょっと・・・」というアイテム、他にもありましたね。

昨日タンク脇にそっと静かに移設したメーターや、ライトバイザーに押し込んだインジケーター類です。

20090113_03

エンジンマウントにステーを溶接して、コイルをさりげなくセットします。
タンクとエンジンの隙間のような、「見えそうで、見えなさそうで、見える。なんや、結局見えるんかい!」な位置より
見えても不自然じゃない、むしろかっこいい場所にさりげなくマウントします。

同じく移設してきたメーターとの位置関係もたいへんよろしいですね。

そして、コイルと同じステーでマウントされていたキーシリンダーですが、
こちらはバッテリーケースの脇に移設してやりました。

20090113_04

このように、メーター、コイル、キーシリンダー、インジケーターを移設してやるには、
配線を引きなおしたり、マウントステーを造ったりというとても地味で手間のかかるプロセスをクリアしなければなりません。

ですが、カスタムをする上で、タンクやフェンダーなんかの大きな、変化のわかりやすいものと同じぐらい、
これらの一見地味なカスタムが、大きなウエイトを占めているんですね。

このように、ハンドル周りをすっきりさせることと、コイル、メーター、キーシリンダーを移設させるカスタムは
手始めに何かを変えてみたいという方や、単純にその辺りの野暮ったさが嫌という方、
もちろんフルカスタムの一部としてもとてもおススメのメニューです。

実際、お手軽なだけでなく視覚的効果もとても高いので、きっと満足していただけること間違いなしですよ!!

(お問合わせ等お気軽にどうぞです)