Go with MOON 6 シートカウル

タイトルでシートカウルって入れたけどシートベース?カウル?

今回はそんなベースかカウルかわからないパーツの製作です。

タンク・シート・リヤフェンダーのつながりは重要なんてことを

前回のブログで言いましたが今回はまさにそれ。

クセが強めなガソリンタンクと加工してるけどノーマルなリアフェンダー、

その間に挟まれるシートさん、さてさてどうしよう悩みます。

タンクとフェンダーをワイヤーで結んだらあれ?けっこういいライン、

これってイケてるかも。

切った方眼紙を張りつけて立体にします。

マスキングテープを張りつけて

あーだこーだとねちねちカタチみながら油ねんどを盛ったり削ったり。

構想2時間・作業2時間・悩み2時間

マスキングの時点でうすうす感じていましたがボツです。

まったくよくない、イケてるなんて言ってる時点でイケてない。

テンション下がってこの日はこれで終了。

翌日

離れてじっくりバイクをみて

なんか降りてくるのを待つこと半日

クオリティーの低すぎる張りぼてシートが出来ました。

張りぼてから型とってアルミを切り出し。

トントンぐりぐり板金して

点付け溶接で仮止め

アルミでここまでカタチになるとグッとよくなりました。

張りぼてのクオリティーが低すぎるのが問題なんですが、

ここまで手を動かしてカタチになって、ようやく見えてくる造形が

あるんです。ここでようやく、ほっとひと安心。

安心できたところで、次回はカウル?ベース?の仕上げに入りますー