アイアンスポーツをバラしていたので…

hidemo designer wakakoです。 昨日のカスタムバイクショーネタのブログクールブレーカー07見聞録、写真数も文字数も通常より多かったでしょう。 なので「カスタムバイクの話はもうお腹いっぱい…」と思われてる方も多々いらっしゃるのでは? (笑) だって当の本人、私もそうですから…。ケプって感じですよ(笑) というわけで今日はゆるーいハーレーエンジンの内容をゆるーく書いてみましょう…。

071015as01

おや、メカみつぐちゃんがエンジンをバラしています…。預かり車の75年、アイアンスポーツです。 「エンジン内をキレイしてから組み上げて、ブラスト、塗装をするんです」とみつぐちゃん。 故障の為にバラしている訳ではなく、より良くキレイなエンジン(後の行程で車体やカスタムも…)にする為の序盤作業みたいですね…。

071015as02

「排気口の方ばっか汚れてしまってるんですよ…」とみつぐちゃん。あら本当、一目瞭然状態ですね…、真っ黒な口とキレイな口がバッチリ見えちゃいます(!) 30年以上前に製造されてるエンジンですもの、乗り方や環境やチューンの仕方でこうなっちゃうケースもあるんでしょうね、一概には言えないみたいですけど…。※両方汚れちゃうケースも、吸気口ばっか汚れちゃうケースもあるみたいデス。
ヒデモ2階のパーツ洗浄機の前で(普段はメカ作業は1階、オフィスワークは2階、なのですが今日はたまたまみつぐちゃんが居た…)コシコシと汚れを落としていたので、ゆるーい感じで突撃レポートしてみました★